武器のレアリティによる強さの違い

武器のレアリティによる強さの違い

無料で宝晶石を手に入れる方法
グランブルーファンタジーで手に入る武器は当然レアリティによって強さが違います。
レアリティが高いほうが強く、低いほうが弱いです。
今回はこのレアリティによる強さの違いについて検証してみました。

用意したもの

今回の検証にあたって用意した武器はレアリティSSレアの武器「閃刃の剣斧」と先日のイベント「砂神の巫女」で手に入ったレアリティSレアの武器「砂城の尖塔」です。
「閃刃の剣斧」はガチャで手に入れた武器でレアリティSSレアの中でもかなり強い方の武器で初期攻撃力が440あります。
「砂城の尖塔」は前の記事でも触れましたがイベントなどでだれでも手に入る武器というのはそのレアリティの中でも弱い傾向があります。
初期攻撃力は210しかありません。

今回の検証

今回は検証するにあたり「閃刃の剣斧」を上限解放なしの状態でレベルをMAXまであげたものに上限解放した「砂城の尖塔」は勝つことができるのか?というものです。
ガチャ産の強い武器というのは手に入れたらその時点でかなり強いですがかなりの低確率で手に入るものなので上限解放しずらいという欠点があります。
逆にイベントで手に入る弱めの武器というのは元の攻撃力などは弱めですが複数手に入れることが容易なので単純に初期攻撃力だけでは比べられないという長所があります。

複数手に入りやすいイベント武器

今回の「砂神の巫女」のイベントでは「砂城の尖塔」は計6つも手に入れることが出来ました。
「砂城の尖塔」は星3つまでしか上限解放出来ないので2つ余っている状態です。
この様に簡単に複数手に入れることができます。

結果

今回の結果としてはギリギリでした。
私の「閃刃の剣斧」には+4が付いてしまっているので正確な数値ではないですがレベルMAXの状態で攻撃力が1340あります。
+が付かない状態だったらそれよりもおそらく20ぐらい低くなると思います。
そして今回MAXまで上限解放した「砂城の尖塔」は見事攻撃力を1340まで上げることが出来ました。
+4がついているSSレアの武器と同じ値です。

まとめ

弱い武器でも上限解放することができれば強さは格段に変わってきます。
たまたまガチャで手に入ったSレアの武器よりも上限解放したレア武器の方が強くなることなどもままあります。
当然強いガチャ産武器が複数手に入ったら何にも代えがたい戦力になりますが、ガチャを利用できなくても上限解放を見据えてレアリティの低い武器を集めてみるとよいでしょう。