時限クエスト「怪盗からの挑戦状」答え

時限クエスト「怪盗からの挑戦状」答え

無料で宝晶石を手に入れる方法
2016/9の呪われた財宝の答えはコチラ

時限クエスト「怪盗からの挑戦状」答え

グランブルーファンタジーのイベント「名探偵バロワ」の時限クエスト「怪盗からの挑戦状」が公開されました。
謎が遠回りすぎる上にゲーム内で完結しないのでグラブルのwikiなどもアクセスが集中しすぎて見れなくなってしまっているようです。
ツイッターでエゴサーチかけるとヒントや答えなどは手に入れることができそうです。
クリアしてももらえるものは「謎解き応募券」というポスターがもらえる賞に応募できるチケットがもらえるのとクリアした称号報酬として宝晶石が10個もらえるだけです。

謎No.8 怪盗からの挑戦状 その1 1問目

謎解きがスタートすると
「クモリナキメデシンジツヲミツケロ
 クシガツモリナノクリカノ
 ビクモリィモノツモリブリヤモキク」
という文章が標示されます。
最初の文章はそのまま読んで下の二行の「クモリ」の三文字を飛ばして読むと
「クガツナノカノビィノツブヤキ」となります。
グラブルの公式ツイッターのビィのつぶやきに行くと「1(8),6(6),3(6),2(8),5(9),4(1)」というヒントが得られます。
これを元にイベントストーリークエストのタイトルを見に行くと「だいせいかい」という答えが得られます。
1文字目がクエストの番号、括弧の中身が何文字目かです。

謎No.8 怪盗からの挑戦状 その2 2問目

謎解きが始まると9×9のマスに数字が描かれたものと下の方に二桁の数字、リンゴ、ビィ、カタリナ、ラカムなどの絵がかかれたものが表示されます。
まずは数字から解いていきます。
96はヒントがあるのでそれから全部を導くと下記の様になります。
96→2→B
53→9→I
79→9→I
34→14→N
51→15→O
57→19→S
29→21→U
21→11→K
42→9→I
16→14→N
87→1→A
13→13→M
46→15→O

32→14→N
59→15→O
そこから更にすすめてマスに書かれている数字が最大で26しかないのに気づければアルファベットと対応しているかも?という考えに行き着きます。
出てくるアルファベットをローマ字読みで読んであげると「ビイの好きなもの」となります。
下にバラバラに表示してある絵の逆さになっているリンゴ以外はフェイクです。
でリンゴが逆さになっているので96→2という規則を無視して上が9左が6という法則で数字を出し直します。
すると
96→13→M
53→3→C
79→9→I
34→14→N
51→20→T
57→15→O
29→19→S
21→8→H
42→14→N

16→15→O
87→23→W
13→1→A
46→13→M
32→5→E
59→9→I
となります。
MACINTOSH NO WAMEI
となります。
マッキントッシュというのはリンゴの品種のことでウィキペディアなどでリンゴのページを開き、
品種の部分を確認すると「旭」という和名が付いていることがわかります。
なので答えは「旭」になります。
どうでもいいけど今回のイベントでフェニックスの時に出てきたリチャードが全くでないのはやっぱり弱いし不人気なんですかね。
テレーズは出てきたのに。