四象イベント「東青の戦い-四象降臨-」をやってみて

四象イベント「東青の戦い-四象降臨-」をやってみて

無料で宝晶石を手に入れる方法

四象イベント「東青の戦い-四象降臨-」をやってみて

現在グランブルーファンタジーでは「東青の戦い-四象降臨-」というイベントが開催されています。
このページではイベントをやってみた感想をまとめて見ようと思います。

四象イベント「東青の戦い-四象降臨-」

このイベントは一つ前の「北玄の戦い」からはじまった四象イベントです。
イベントのボス星晶獣を倒すことで手に入れることができる「四象の輝き」というアイテムを集めることでSSRの武器や特殊なアイテムと交換することができます。
また討伐章も用意されていますが、戦貨はありません。
玄武、青竜ともに召喚石は出ていません。

手に入るアイテム

このイベントで目玉として出されているアイテムは大きく2つで今回さらに1つ追加されました。
ひとつは「フローレンベルク」というSSRの短剣です。
これは手に入れた時から最大開放状態で手に入るので改めて4つ集めて上限開放する必要がなく、さらにスキルとして装備しているとイベントでの貢献度が1割多くもらえるという効果があります。
これは騎空団イベントでも有効なので貢献度報酬の獲得も楽になりますし、まだ全体に行き渡っていないうちなら相手より有利に進めることが可能だと思います。
このイベントは複数回開催されていくようなので新しく追加で獲得できるようにならない限り、しばらくするとその優位性は消えると思いますが。
2つ目の目玉はクロム鋼です。
クロム鋼は10個獲得することでSSRの武器の上限開放をすることが可能なアイテム「ヒヒイロカネ」と交換することが可能です。
どちらも「四象の輝き」を10000集めることで交換可能です。
新しく追加された3つ目の目玉は討伐章の金を300個集めることでもらえるSSRの楽器「アネモイの銀琴」です。
これはスキルとして取得経験値をアップしてくれます。
しかしコチラは特に注意書きが無いので4つ集めなくては最大開放できないと思います。

目的設定

今回のイベントは正直クロム鋼の魅力は薄いと思います。
しばらくグラブルを進めていくとマグナ武器が手に入るようになりますが、
あまり課金しないでやるならこちらを集めたほうがガチャからしか手に入らない武器の最大開放を目指すよりも強くなりやすいと思います。
なのでフローレンベルクを獲得したあとは頑張る場合は討伐章300個でもらえるアネモイの銀琴を目指すのが良いと思います。
体感ですが前回の北玄の時より期間が長い上に若干四象の輝きは獲得しやすくなっています。
しかし討伐証の金はEXTREMEとHELLの討伐でそれぞれ2つずつしかてにはいらないので300個集めるには150回やらなくてはなりません。
イベント期間が6日なので一日あたり25回です。
一回あたりのAPは少ないですがそれでも500APは必要になります。
かなり辛いでしょう。
おすすめはフローレンベルクのあとは四象の輝き250で交換できる10000ルピです。
10個までしか交換できませんが250ぐらいだったらEXTREMEを一回ぐらいで獲得できるので土日の金銀スライムよりもかなり良いです。