グラブル「怪盗からの挑戦状」2016/9 呪われた財宝 答え有り

グラブル「怪盗からの挑戦状」2016/9 呪われた財宝 答え有り

>>無料で宝晶石を手に入れる方法<<

グラブル「怪盗からの挑戦状」2016/9 呪われた財宝 答え有り

グラブルの謎解きイベントですがエクストラクエストの謎が意味不明ですよね。
Wikiに一応答えみたいなものはありますが、まったく納得いきませんよね。
このサイトでも謎に迫ってみます。
まぁ結局はバロワが正解です苦笑
推理放棄してOKです。
こじつけが過ぎます。
時間が経ってもヒントの数字が増えるとかもないので解かせる気ゼロです。
先に答えだけ知りたい人は一番下へスクロールどうぞ。

名探偵バロワ-呪われた財宝を追え-

ストーリー中の謎解きはまだましでしたね。

怪盗の矜持

むずすぎると話題の問題です。
前回の問題もあれ?って感じでしたが、正直解けなくて大丈夫です。
埋まっている欄が2箇所しかないっていうのが問題です。
まずまともな思考でたどり着けるところまでたどり着けるところは
・全部で1匹の昆虫?は頂点にあるマークの順番で並び替えると何かがメッセージが出そう。
・手足の数がヒント
・上下で別けて考えると良いかもしれない。
・羽が線、なし、黒の三種類に分かれそう。
・つの(かぶと、くわがた)
・頭の色がなにかあるかも
・数字がはいるマスをどうにかして埋める。
って感じでしょうか。

頂点のマーク

頂点のマークがなにかありそうなのはわかりますが、
△、○、□をどの順番で見ていくのか?
図形の中にある○がスタートなのか?ゴールなのか?
っていうのが謎ですね。
かろうじて虫が10匹のため、順路は迷わないでしょう。

手足の数がヒント

これは誰でも考えるところなので解説する必要はないですよね。
正直もう4本足とか8本足とかて昆虫じゃないですよね。
8本っていうと蜘蛛とかの仲間ですかね…。
考えるのは8本足で考えるのか、4対で考えるのか?ってところになります。
片側1本っていうのが存在しないので、至高から外せないです。

上下で分けて考えると良いかもしれない。

Wikiで書いてある解説で唯一納得できたのが
「ギロチンの後なので 上下に分けて考える」です。
まぁそれがなくても同じ4本足なのに上下に2本ずつのものと下に偏っているものがあるので
そこにはたどり着けます。

羽が線、なし、黒の三種類に分かれそう。

これも見た目どおりですが、
羽側は全部で三種類あるのが別れます。
途中で数字に落としこむ必要があるのでそこに影響するのはわかりますが、
どう落としこむのかはわかりませんね。

つのの形と色

つのもカブトとクワガタ、白と黒の全部で4種類あります。
これもおそらく何らかの数字に落とし込めると考えられます。

数字が入るマスをうめる。

問題を見て、慣れてる人なら絵柄を数字に変換
次に数字の取り方と並べ方でメッセージが出てくる
という流れになるというのがわかると思います。
一瞬虫の背中っぽい?とか思いましたが関係ないです。

解説

最終的に羽の線が5、黒塗りが10、角は一本につき1、足も一本につき1でカウントして、
その数をアルファベットに当てはめ、□の順で追っていくと答えになります。
その際も数字が25までしかないのでアルファベットに当てはめるというのもこじつけですし、
○と△は放りっぱなしですね。

怪盗の矜持 答えは…

上に書いた流れで頑張って行くと答えは
「SeeYouSoon」です。